PNFストレッチ

お気軽にお問い合わせ下さい。
町屋店(本院) 03-3805-3013
古河院    0280-23-2757

PNFストレッチ

PNFストレッチ

PNFとは「Proprioceptive Neuromuscular Facilitating」の略で、日本語では「固有受容性神経促進法」といいます。もともとは、1940年代に脳障害のリハビリのためにアメリカで開発されたトレーニング法です。現在ではリハビリなどにとどまらず、スポーツの現場でも多く取り入れられているストレッチです。


筋肉が急に伸ばされると、臓器官からこれ以上伸ばされると危険だという信号が出て、筋の収縮が起こります。この作用を伸張反射といいます。通常のストレッチは、この伸張反射を起こさないようにゆっくりと行うのですが、PNFストレッチはこの伸張反射を利用して行います。

わかりやすく説明すると、筋肉を収縮させたあとで、収縮した筋肉をストレッチで伸張させます。それを繰り返すことで、運動系の神経が刺激されるので可動域を広げ、柔軟性を高めます。同時に筋力も鍛えることが出来るので、一石二鳥なトレーニングと言えます。
PNFストレッチは、やってすぐに効果を感じることができるので、日常生活でも取り入れやすいでしょう。ただし、安全に正しく効果を出すためには熟練したパートナーが必要となります。

では、具体的に例を挙げてみましょう。ハムストリング(太ももの裏)のストレッチです。

受け手は、仰向けに寝て、ストレッチしたい方の足を上げましょう。パートナーは、ハムストリングに張りを感じるところまでその足を伸ばしましょう。そのまま約10秒間キープします。そしてパートナーはその位置をキープするように力を加えましょう。受け手は、この負荷に抵抗するように力を入れてハムストリングを収縮させます。これを6秒間続けます。そして受け手はハムストリングをリラックスさせ、再びパートナーは張りを感じるところまで足を上げ、ストレッチさせます。そのまま30秒間キープします。これを数回繰り返すことによって、可動域が広がります。

例に挙げたのはPNFストレッチのホールド・リラックス法というものです。その他にもコントラクト・リラックス法、スロー・リバーサル・ホールド・リラックス法など種類があるので、いろいろ試してみるのもいいでしょう。

ただし、無理は禁物です。無理なく少しずつ柔軟性を高めていきましょう!!

 

ご予約はお気軽にお電話ください。
☎03-3805-3013
月~金曜日AM9:30~PM12:30
PM14:00~PM21:00
土日祝日AM  9:00~PM17:00

医院情報

わかくさ整骨院 町屋店(本院)

東京都荒川区荒川7-35-6
電話 03-3805-3013

わかくさ整骨院 古河院

茨城県古河市上辺見249-1
電話 0280-23-2757